本日掲載されたYahoo!ニュースより注目記事です^^

テニスの国際大会は、ATP協会(Association of Tennis Professionals)と呼ばれる、男子プロテニスツアーを運営する団体が行なっています。

しかし、ここ日本では、
プロ大会を主催している大学があるのです!



本文にもありますが、世界で見ても、大学がプロの大会を主催しているのは大変珍しいこと。

その大学とは


慶應大学、

亜細亜大学、

早稲田大学

筑波大学


この4大学でございます!!!!


なんでも、日本のテニスプレイヤーは大学に入ると海外との接点が無くなり、

自国選手としか勝ち負けを争わず、視野が大変狭くなるそう。

それに疑問を持った亜大の堀内昌一テニス部総監督が立ち上がったのがきっかけとのことです。



学生が資金集めや大人達との交渉をして、
周りの人と力を合わせて大きなことを成し遂げる。

大変良いモデルケースだなと感じました。

部活に熱心な大学こそ、こういった社会活動に学生を巻き込むことは

卒業後に社会で活躍する学生を生み出す大きなきっかけになると思います


・・・それにしても、

学生さん達の笑顔が良い・・・^^
ファイル 2017-06-14 14 52 57